【サッカー人気5位】「会いたかった! 約1か月半ぶりにチー…

川本梅花 フットボールタクティクス

もらってきた言葉に感謝を…叱責を糧に成長したキャプテン【会員限定】川本梅花アーカイブ #坂本將貴

【言葉のパス】坂本將貴 もらってきた言葉に感謝を…叱責を糧に成長

さかもと・まさたか/1978年2月24日生まれ。埼玉県出身。ジェフユナイテッド市原・千葉トップチームコーチ。現役時代は浦和東高→日本体育大学→ジェフユナイテッド市原→アルビレックス新潟→ジェフユナイテッド千葉。2012シーズン限りで引退。

目次
好きな言葉は「感謝」
恩師の鉄拳に込められた想い
対戦相手の監督からの言葉「君は思いやりが全然ない」
恩師が語る高校時代
サッカーを通じて人生を説いた恩師
全力でやらない者はグラウンドに立つ資格はない
オシムの叱責??お前のせいで負けた

好きな言葉は「感謝」

それは高校時代の遠征先での出来事だった。

対戦校の生徒がグラウンド整備をしているのに、坂本將貴たちは引き上げてシャワーを浴びようとしていた。それを知った埼玉県立浦和東高等学校サッカー部監督・野崎正治が坂本たちを呼び戻した。

「君たちは何をやっているんだ!相手チームだけにやらせて、君たちは帰るのか?」

部員たちを前にして野崎の怒りは止まらなかった。

「君たちには感謝の気持ちというものがないのか! 練習に来たらグラウンドが整備されている。ラインがきれいに引かれている。給水用の水が用意されている。スパイクが磨かれている。この世の中には、サッカーをやりたくてもやれない環境にある人だっている。スパイクが買えなくてもサッカーをやっている人だっている。君たちは親にスパイクを買ってもらっているからスパイクを履いてサッカーができる。グラウンドの整備だって、君たち3年生は1年生にやってもらっているからサッカーができる。できることが当たり前だと思っているのか?サッカーができることに感謝しなさい」

坂本は当時の出来事を振り返って次のように話す。

「僕は『好きな言葉はなんですか?』って聞かれたら『感謝』と答えます。高校3年生になれば、グラウンドの整備をするのはだいたい1年生がやるから、僕たちはやらない。でも野崎先生に『感謝の気持ちがないのか』としかられて、僕たちの代から、3年生もグラウンドの整備とライン引きをやることようになった。僕らは最上級生で、サッカーもうまくなってきて、後輩にやってもらって当たり前のように思えていた。だから、グラウンドの整備がうまく行っていなかったら、1年生に向かって文句を言う。そういうことに慣れちゃってたんですよね。そんな時に『感謝の気持ちがない』と言われて『はっ』と目覚めました。だから先生に言われた言葉を、プロとなったいまでも大事にしようと思っています」

(残り 10577文字/全文: 11642文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック