【サッカー人気3位】「山口遼氏がスカウティングアドバイザー…

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】 #堀江哲弘 「子供には“理解”だけでなく“同意”もしてもらう」#ラインメール青森

【渦中の話】堀江哲弘「子供には“理解”だけでなく“同意”もしてもらう」

ラインメール青森FC(@reinmeer_aomori)のアカデミーを統括している堀江哲弘アカデミーダイレクター(@tetsuhorie)にクラブのアカデミー組織の現状を聞いた。

【堀江哲弘 略歴】宮城県仙台市出身。中央大学卒。ラインメール青森FCアカデミーダイレクター。スペインサッカー連盟の監督資格レベル3(日本のS級相当)を保持している。

――まず青森における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響について教えてください。やはり、活動は休止に?

堀江 活動休止中です。5月11日から活動再開の目処が見えてきましたが、未確定ですね。

――青森での生活や労働環境には慣れた?

堀江 はい、慣れました。

――昨年、アカデミーダイレクターに就任しましたが、どんなことから取り組んだの?

堀江 組織自体が発展途上な状態でした。ですから組織の規約だったり、スタッフとの細いルール作りだったり、環境を整えるところから始まりました。

――アカデミーダイレクターとして現在している仕事は?

堀江 アカデミーダイレクターは育成全体の統括者、育成の指導者を指導する立場にあります。育成組織を管轄しながら、私自身もU-10の監督をしています。

――1週間のスケジュールを教えてください。今季は新型コロナウイルスの影響であまり活動できていないと思うので、昨季の情報で構いません。

(残り 3653文字/全文: 4328文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ