観衆508人の衝撃(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

サッカーライター清水英斗が語る川崎F対鹿島(前編)【会員限定】谷口彰悟のゴールはオフサイドか−VARの隠された真実−

【渦中の話】サッカーライター清水英斗が語る川崎F対鹿島(前編)


分析対象試合:2020明治安田生命J1リーグ第2節 川崎フロンターレ 2-1 鹿島アントラーズ
7月4日土曜日 19:03キックオフ 等々力陸上競技場


両チームのシステムを組み合わせた図。川崎Fは「4-3-3」の中盤が逆三角形、鹿島は「4-4-2」の中盤がボックス型となっている。

谷口彰悟のゴールはオフサイドか―VARの隠された真実―

――まず、清水くんに聞きたかったのは、谷口(彰悟)の先制点は、オフサイドかどうかなんだよね。あのジャッジはミスジャッジと呼べるのではないのか、ということなんだけど。

(残り 1887文字/全文: 2189文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック