【サッカー人気4位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

川本梅花 フットボールタクティクス

組織的な守備の千葉とショートパスにこだわる水戸【会員限定】ラインメール青森FCアカデミーコーチ奥山泰裕の分析

【渦中の話】ラインメール青森アカデミーコーチ奥山泰裕が語る水戸対千葉

分析対象試合:2020明治安田生命J2リーグ第3節 水戸ホーリーホック 0-3 ジェフユナイテッド千葉

イントロダクション

――奥山くんにとっては千葉は古巣(2008-2009在籍)になります。

奥山泰裕 米倉恒貴選手は寮で一緒でした。ガンバ大阪から戻ってきたので、相当の覚悟を持っての復帰なんだなと思いますし、「千葉愛」があることの証明でもありますよね。この試合を見ても、まだ第一線で活躍できるスキルがあるので、頑張ってほしいと思っています。

――水戸は、GMの西村卓朗がVONDS市原FCの監督をしていた時に、トライアウトで奥山くんを誘ったんだけど、ラインメール青森(2015-2019在籍)を選択した経緯があるね。それにガイナーレ鳥取時代(2009-2014在籍)、水戸FW中山仁斗と一緒だったんだよね。

奥山泰裕 中山選手がプロ1年目として鳥取に加入(2014年)しました。千葉戦ではキャプテンマークを巻いていましたが、リーダーとして資質は、当時からありました。身体が強いのに足下もうまい選手だという印象があります。この試合はスタメンだったので期待していました。

水戸ホーリーホックが喫した3失点

――まず、水戸の失点場面から振り返りましょう。

(残り 3926文字/全文: 4504文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック