【サッカー人気2位】伊藤翔「開始の2失点がすべて。相手がめ…

川本梅花 フットボールタクティクス

【試合分析】HTを挟んで試合の流れが変化…八戸がYS横浜を逆転で下す【会員限定】ラインメール青森FCアカデミーコーチ奥山泰裕の分析

ラインメール青森アカデミーコーチ奥山泰裕が語るYS横浜対八戸

【目次】
ヴァンラーレ八戸、各ポジションの選手評価
ミスマッチが生じたYS横浜の右サイド
インサイドハーフの交代が流れを変える


分析対象試合:2020明治安田生命J3リーグ第4節 Y.S.C.C.横浜 1-2 ヴァンラーレ八戸

YS横浜は「3-4-2-1」の3バックシステム。八戸は「4-3-3」で、中盤が逆三角形。両チームのシステムを組み合わせた図は以下の通り。

ヴァンラーレ八戸、各ポジションの選手評価

――八戸は前節・ブラウブリッツ秋田[0●2]からメンバーを入れ替え。前々節・いわてグルージャ盛岡戦[2〇0]の先発メンバーが多く起用された。そうした中、GKは花田力からゴ ドンミンになった。

奥山泰裕 決定的なシュートはあまりなかったため、それほど目立たなかったですが、試合終盤にYS横浜がパワープレーに来ていた場面、ゴ ドンミンのシュートを弾いたプレーは良かったです。

――安藤翼をトップに起用して、高見啓太と黒石貴哉をウイングに配している。黒石はスタメンで使われているけど、彼のプレーはどう見ている?中口雅史監督の秘蔵っ子になるのかな。MIOびわこ滋賀で中口監督と一緒にやっていた選手だよね。

(残り 3444文字/全文: 3993文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ