【サッカー人気2位】川崎に完敗 ゲームプランを崩された相手…

川本梅花 フットボールタクティクス

【コラム】木村祐志がピッチにいるとなぜリズムが作れるのか?【会員限定】J2第18節 #ジュビロ磐田 0-0 #水戸ホーリーホック

【警告の代弁】木村祐志がピッチにいるとなぜリズムが作れるのか?

【目次】
岸田翔平と三國スティビアエブスのポジションチェンジ
木村祐志がピッチにいるとなぜリズムが作れるのか?
「5-3-2」のマイナス点をどうやってカバーするか?

対象試合:2020明治安田生命J2リーグ第18節 ジュビロ磐田 0-0 水戸ホーリーホック

岸田翔平と三國スティビアエブスのポジションチェンジ

水戸のシステムは、最終ラインが3バックの「5-3-2」です。磐田のシステムは「4-4-2」の中盤がボックス型でした。前節[1●2]の栃木SCのシステムが「4-4-2」で、水戸も「4-4-2」でしたから、いわゆる「ミラーゲーム」になっていました。同じシステム同士でのマッチアップは、どこかに「ズレ」を作らないと、うまく前にボールを運べません。特に栃木は、前線の選手がハイプレスを仕掛けてきたので、水戸は後方からのビルドアップがうまく行かずに、「困ってロングボールで逃げる」ような処理をしていました。

こうした「受動的なサッカー」を避けるため、システムを変更してマッチアップ状態から回避する手段を選ぶのも1つのやり方です。水戸は栃木戦での教訓を生かし、同じシステムでの戦いを選択しませんでした。そこで「5-3-2」のシステムで挑んだのです。

(残り 1671文字/全文: 2247文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック