【サッカー人気3位】ワクワクするスタメンと反する結果、レノ…

川本梅花 フットボールタクティクス

【コラム】守備陣と攻撃陣の役割が明快【会員限定】J3第15節 #ガイナーレ鳥取 1-0 #アスルクラロ沼津

【警告の代弁】守備陣と攻撃陣の役割が明快

【目次】
力の差を見せつけた鳥取
守備で貢献する小牧成亘
守備陣と攻撃陣の役割が明快
DAZNの実況者が秀逸だった件

対象試合:2020明治安田生命J3リーグ第15節 ガイナーレ鳥取 1-0 アスルクラロ沼津

力の差を見せつけた鳥取

リーグ3位の鳥取が、14位の沼津をホームに迎えての試合。試合開始から沼津は、ボールを保持しながら攻めます。GKをかわして無人のゴールにシュートを打つ場面があったのですが、シュートに力が入って枠に飛びませんでした。サッカーを通してみれば、攻撃において何度も何度も決定的なチャンスが訪れるわけではありません。数少ない決定的な機会をきちんと決められるチームが勝利者となるのです。そうした意味では、鳥取が順位通りの力の差を見せつけて勝利した試合でした。

筆者が注目したのは、鳥取の右ストッパーの小牧成亘です。

(残り 1109文字/全文: 1518文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック