【サッカー人気2位】INAC神戸レオネッサ なぜ2位まで急…

川本梅花 フットボールタクティクス

【レビュー】ゴールキーパーの好判断力が鹿児島の判断ミスを誘った【会員限定】J3第23節 #ヴァンラーレ八戸 1-0 #鹿児島ユナイテッドFC

【警告の代弁】ゴールキーパーの好判断力が鹿児島の判断ミスを誘った

【目次】

予想通り最終ラインを高く設定してきた八戸

GK田力の判断力が鹿児島の攻撃を抑え込んだ

対象試合:2020明治安田生命J3リーグ第23節 ヴァンラーレ八戸 1-0 鹿児島ユナイテッドFC

予想通り最終ラインを高く設定してきた八戸

ヴァンラーレ八戸の今季の戦いについて、このサイトで何度も語ってきました。特に、中口雅史監督の選手起用や戦い方については、以下のコラムを読んでもらえば、理解の助けになると思います。

今季のヴァンラーレ八戸の戦い方について思うこと【会員限定】過去のストーリーを塗り替えさせるための起用

また、葛野昌弘コーチが実際の試合の指揮官として活動している内容については、以下のコラムが助けになるはずです。

【レビュー】実質的な指揮官は葛野昌宏コーチか?【会員限定】J3第20節 #アスルクラロ沼津 1-0 #ヴァンラーレ八戸

そして、連敗を脱出するための、策のひとつとして、鹿児島戦での戦い方を提案しました。それは、次のコラムで解説しています。予想通り、八戸は、攻撃の際に最終ラインを高く設定してきました。センターラインを超えて敵陣センターサークルの先端までディフェンダー(DF)が侵入していきました。こうした高いライン取りによって、攻撃している中で相手にボールを奪われても、フォワード(FW)とDFの距離が狭まっているので、相手の中盤の選手がフリーでボールを持てるチャンスが圧倒的に減りました。これは相当にポジティブな意味を持っています。

【プレビュー】八戸は最終ラインを高くしてチャレンジしてくるのか?【会員限定】J3第23節 #ヴァンラーレ八戸 対 #鹿児島ユナイテッドFC

では、実際に、鹿児島戦ではどのように八戸が戦ったのかを見ていきましょう。第一に挙げなければならないのは、ゴールキーパー(GK)の花田力のあるプレーについてです。

(残り 1021文字/全文: 1856文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック