【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

川本梅花 フットボールタクティクス

【レビュー】八戸はどうして失点を繰り返すのか?【会員限定】J3第28節 #ヴァンラーレ八戸 1-2 #カターレ富山

【警告の代弁】八戸はどうして失点を繰り返すのか?

【目次】
両チームのシステムを組み合わせて見えてくること
八戸はどうして失点を繰り返すのか?
簡単にポジションを離れてはいけない
ボールを奪われることを恐れるな!

対象試合:2020明治安田生命J3リーグ第28節 ヴァンラーレ八戸 1-2 カターレ富山

両チームのシステムを組み合わせて見えてくること

八戸のシステムは「3-4-1-2」で、中村太一をトップ下に置いて、彼をかなり自由に動き回らせている。中村はセンターハーフ(CH)の位置まで降りてボールをもらったり、右サイドで起点になったり、バイタルエリアに侵入したりしていた。前線を3トップにせず、富山の3バックを揺さぶるポジションに、上形洋介と安藤翼の2トップを置いた。

富山のシステムは「3-4-2-1」で、大野耀平が1トップに座り、平松宗と佐々木陽次の2シャドーで攻撃に厚みを出す。この試合の勝敗は、FW大野のポジショニングと平松と佐々木の動きが決めたと言える。

(残り 2412文字/全文: 2868文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ