【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】古参のサポーターが語る #SC相模原 の現在地【会員限定】#ヴァンラーレ八戸 相手に、どう戦うのか

【渦中の話】古参のサポーターが語るSC相模原の現在地

【目次】
SC相模原、三浦文丈監督のサッカーとは?
注目の選手は?
サポーター集団の解散とコロナ禍での現実
昇格に向けた戦いと八戸対策

2020年12月6日、明治安田生命J3リーグ第31節・ヴァンラーレ八戸対SC相模原が行われる。12月6日現在、相模原は勝点53で2位に。2位までがJ2昇格の切符を手に入れられる。残り4試合で、6位のガイナーレ鳥取の勝点が50。1試合の勝ち負けによって、順位が変動する戦いになっている。そうした過酷な生存競争において、相模原が八戸のプライフーズスタジアムに乗り込んでくる。15位の八戸にとって、当然、厳しい戦いが予想される。

SC相模原は、2008年2月にクラブが創設されてから12年が経とうとしている。神奈川県社会人サッカーリーグ3部から活動をスタートさせて、2014年のJ3リーグに参加する。相模原のホームスタジアム・相模原ギオンスタジアムの椅子席がJ2リーグ加入の基準に満たなかったので、J2クラブライセンスを取得できない状態だった。しかし、新スタジアム計画による「施設基準の例外規定(5年以内のスタジアムの新設)」適用申請を提出して、J2ライセンスを取得することができた。以下がクラブ代表者の望月重良による表明である。

2021シーズンJ2クラブライセンス交付について

筆者が相模原の試合をギオンスに見に行く時、必ずお会いする人がいる。クラブの古参サポーターである東山修司だ。東山は、クラブ創設時からのサポーターで、初代のコールリーダーでもある。彼以上に、相模原を知っている人はいない。そこで、八戸戦を前にして、相模原が置かれている現在地を話してもらうことにした。

SC相模原、三浦文丈監督のサッカーとは?

――東山さんにSC相模原がJ2ライセンスを取得できるようになったのを教えてもらって、期待できるシーズンになりましたね。

(残り 3628文字/全文: 4433文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ