【サッカー人気2位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

川本梅花 フットボールタクティクス

【レビュー】引いて守る相手を攻めきれず【会員限定】J3第32節 #FC岐阜 1-0 #ヴァンラーレ八戸

【警告の代弁】引いて守る岐阜、攻めきれない八戸

【目次】
両チームのシステムを組み合わせる
引いて守る岐阜、攻めきれない八戸
あえて八戸にボールを持たせる岐阜
対象試合:2020明治安田生命J3リーグ第32節 FC岐阜 1-0 ヴァンラーレ八戸

両チームのシステムを組み合わせる

岐阜のシステムは「4-4-2」の中盤がボックス型を採用しています。今季の基本的なシステムです。DF4人とMF4人がツーブロックを作ります。FWの2人は、八戸のGKまでボールを追う場合もありますが、すぐに帰陣してツーブロックの前に立ってパスコースを切りに行きます。攻撃に関しては、カウンター攻撃がメインです。八戸DFの背後にロングボールを出したり、八戸のウイングバック(WB)の後ろにボールを蹴ったりして、FWやMFを走らせます。一方ボールを細かくつないで、中央からワン・ツーで相手のギャップを突くような攻撃は、ほとんどありません。

対する八戸は「3-5-2」の3バックです。こちらもいつものシステムです。ただし、國分将がケガにより離脱したため、プレビューのコラムでも書いたように丸岡悟を右WBで起用しました。また、前田柊がセカンドストライカーで先発しました。中村太一でも秋吉泰佑ではなく前田を使ってきた理由は、守備を考えてでしょう。実際、センターハーフ(CH)の新井山祥智のポジションまで降りて、タッチラインを走る岐阜FW高崎寛之を追いかけていました。守備意識の高い前田を2列目に置くことで岐阜の攻撃を制御しようとしたのです。

システムを組み合わせると、次のことが見えてきます。

(残り 1582文字/全文: 2253文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ