【サッカー人気5位】リカルド・ロドリゲス監督がリーグ開幕F…

川本梅花 フットボールタクティクス

【コラム】葛野昌宏監督就任と2020年シーズンのベストイレブン(守備編)【会員限定】 #ヴァンラーレ八戸

【フレームの外の景色】葛野昌宏監督就任と2020シーズンのベストイレブン

葛野サッカーへの信頼と選手たちの動向

来季はS級ライセンスを取得した葛野昌宏コーチが新監督となり、再びチームの指揮を執ります。

葛野監督のサッカーは、ラインメール青森FC時代から見ています。しっかりした守備力とサイドからの攻撃力が主軸となって、チームが作られていくことでしょう。昨季の試合では、アナウンサーが「八戸のゲームプランは、前半を0-0で終えて、後半に勝負をかけることです」と話していたのですが、そのようなゲームプランを考えている監督は存在しない、もし存在するとすれば、能力がない人物だと言えます。

葛野監督のサッカーは、基本的に先制して逃げ切るゲームプランです。少なくとも、JFLで戦っていた葛野サッカーは、そうしたやり方でした。もし先制できなかったなら、最低限として「0-0」で前半を終えようとする。葛野監督のやろうとするサッカーには信頼を置けます。しかしそれは、どんなタイプの選手がチームにいるのかによります。

そこで心配事があります。チームに残る選手と新たに加入する選手、または移籍してチームを去る選手の動向によって、チーム構成が変わることです。さらに、昨季のレギュラー選手の現役引退や移籍により、チームの地図を大きく書き換えなければならなくなったことです。

まずは、どの選手がチームに残るのか。さらに、どんな選手がやってくるのか。移籍情報にしばらくは注視しなければなりません。

2020シーズンのベストイレブン(守備編)

基本のシステムは、3バックの最終ラインで「3-5-2」か「3-4-2-1」を採用します。今回選んだシステムは「3-3-2-2」です。シーズン後半によく使われたシステムです。

(残り 584文字/全文: 1376文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック