【サッカー人気4位】いよいよ開幕戦。システムはどうなるのか…

川本梅花 フットボールタクティクス

【サッカー小説】青空を誰がみられるのか(1)【会員限定】

【サッカー小説】青空を誰がみられるのか(1)

プロット

主人公は香月陽翔(かずき ようしょう)。J1リーグのシエロアスール東京に加入。前所属のフゴール東京ではキャプテンを務める。監督と衝突してキャプテンを外される。その後同じ東京のクラブに移籍。物語は、1年後、前クラブとの対戦から始まる。

登場人物:香月陽翔(かずき ようしょう)シエロアスール東京所属

藤田 翼(ふじた つばさ)フゴール東京所属

1.「怨念」と「信愛」が交差する

「この試合でたとえ身体が壊れてしまってもいい。それで選手生命がダメになってもしょうがない」

香月陽翔は、1年前に所属していたフゴール東京戦を前にして、自分自身に何度もそう言い聞かせていた。

キックオフの笛が鳴らされる前に、両チームのスターティングメンバー全員がピッチに勢いよく出ていく。センターサークルを起点に横一列にきれいに並んだ。

香月は、あごを上げて胸を張る。スタジアムの最上段を見上げた。

「いろんなことがあったよな」

そう思った瞬間に涙が溢れ出てきそうになる。一方で、「お前な、こんなときにそんな感情に浸っている場合じゃないだろう」と、感傷的な気持ちを抑制させた。

「このスタジアムでフゴールを潰さないと気がすまない」という怨念に近い気持ち。「こんなに思い入れの深いフゴールから、なんでぼくは無礙な扱いを受けたんだ」という信愛に近い思い。フゴールに対して彼の心の中で「怨念」と「信愛」が交差する。

(残り 1901文字/全文: 2504文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック