【サッカー人気4位】【フロンターレの論点】ベガルタ戦で垣間…

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】#小幡純平「一選手で変えられることには限界がある」【会員限定】輝かしいシーズンの後に待っていた、つらい3年間 #ラインメール青森

【渦中の話】輝かしい3年間の後に待っていたつらい3年間…小幡純平「一選手で変えられることには限界がある」

目次
3年間チームが低迷した理由
優しすぎた望月達也前監督の言動とチームの緩み
規律がないチームは低迷、一選手の限界を痛感

3年間チームが低迷した理由

日本フットボールリーグ(JFL)ラインメール青森FCの中心選手・小幡純平に、昨季を振り返ってもらった。まずは2020シーズン開幕前にインタビューした記事を読んでもらいたい。

#小幡純平「意識改革をしないと、昇格は難しい」【会員限定】#ラインメール青森 #reinmeeraomori

ここからの小幡の話は、望月達也前監督の3年間で味わった苦い経験と言い換えてもいい。小幡はコバルトーレ女川で現役復帰した奥山泰裕と同じく、2017シーズンのJFL年間通算2位を経験するなど、常にレギュラーでチームを引っ張ってきた選手だ。

東北社会人1部時代、ぬるま湯体質のラインメールを生まれ変わらせたのが、当時現役で現在は札幌大学サッカー部で監督を務める河端和哉だ。河端はラインメールに戦うスピリットを植え付けた。河端イズムとも言える「戦う姿勢と精神」。小幡はその最後の継承者だ。

3年間で全く違うチームになってしまったラインメールを、小幡はどう感じてきたのか。小幡に思うところを語ってもらった。

――どうして3年間かけて、チームは低迷してしまったのか?理由を教えてほしい。

小幡「これがダメだった」「あれがダメだった」とか、これといった理由ではなく、いろんなことがかみ合わなかった結果と言うしかありません。3年間、望月監督がチームの指揮を執られて、僕自身感じていたのは、厳しさを選手に求めてくれなかったことです。それが、強いチームになれなかった一番の要因だと思っています。

――厳しさを求めないとはどういうこと?

(残り 2704文字/全文: 3467文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ