【サッカー人気5位】男女サッカーの明暗、聖火台探訪、そして…

川本梅花 フットボールタクティクス

【2月前半のラインナップ紹介】2月前半はこんな記事をお届けします #川本梅花フットボールタクティクス

編集部便

【アナウンスパブリック】2月前半はこんな記事をお届けします 川本梅花フットボールタクティクス

早いもので、1月が終わってしまいました。コロナ禍の中で、生活する範囲が狭まってしまって、ストレスを感じて過ごしている方がいると思います。僕もその一人なのですが、幸いサッカーがあるので、なんとか日常をやり過ごしています。UEFAチャンピオンズリーグをWOWOWで見たり、DAZNなども含めて海外サッカー観戦は充実しています。WOWOWオンデマンドでは、全試合が見られるんですよね。嬉しい限りです。

このサイトで、海外サッカーの試合分析が少ないんですが、その理由は、このサイトを運営されているタグマ!の管理者さんから、「全体のサイトを見て、海外サッカーは人気がない」と教えてもらったので、「分析記事を公開してもあまり読まれないのなら」と考えて積極的に書いていません。もし、「どこどこのクラブ」と希望があれば書くので、教えて欲しいです。

ところで、WOWOWが配信する海外ドラマが好きで、中国のTVドラマの九州縹緲録(ひょうびょうろく)にハマっています。土曜日の11時から2話放送されるんですが、毎週土曜日が来るのが待ち遠しいんです。プロットはこんな感じです。

群雄が割拠する戦国の地“九州”を舞台に、運命に翻弄される若者たちの絆と葛藤を壮大なスケールで描くファンタジー超大作。戦乱の世を治め、英雄となるのは誰か。

さて、2月前半のラインナップについて話していきましょう。「2月前半っていつまでなの?」と思われた方には、おおよそとしか答えられないんですが、2月15日前後になります。具体的に、公開する記事を紹介します。

【渦中の話】

これはインタビュー記事です。

ラインメール青森アカデミーダイレクターの堀江哲弘さんに、昨年の活動とu-18の組織立ち上げについて聞きました。

『カタノサッカークロニクル』(内外出版社)の著者のひぐらしひなつさんに、僕が本の中で気になった事象を細かく聞きました。

JFLのFCマルヤス岡崎に加入した村瀬勇太選手に話を聞きます。(今週中にインタビュー予定)

【フットボールシネマの逆襲】

このコーナーはサッカー映画の批評です。

ドキュメンタリー映画「わがチーム、墜落事故からの復活」

プロットは以下です。

2016年、飛行機事故によってクラブ存続の危機に陥ったブラジルのサッカーチーム「シャペコエンセ」の再建に向けた道のりを追ったドキュメンタリー映画。2016年11月28日、南米大陸選手権コパ・スダメリカーナの決勝ファーストレグへ向かうため、ブラジル1部リーグ・セリエAのサッカーチーム、シャペコエンセの主力選手と首脳陣らを乗せていたチャーター機が、コロンビアのメデジン郊外で墜落。監督、選手、解説者ら乗客77人中71人が命を落とすという大惨事となった。ほとんどの選手とスタッフを失い、新シーズン開幕に向けてゼロからの再出発を余儀なくされたシャペコエンセが、チーム、サポーター一丸となった奇跡の復活劇が描かれる。

なぜ、この映画を取り上げるのかと言えば、藤坂ガルシア千鶴さんの以下のツイートにあるように、ブラジル・セリエBに降格していたシャペコエンセがセリアAに昇格したからです。ドキュメンタリー映画を通して現在のチームにもフォーカスしたいです。

【おいしい活字】

サッカー本やサッカー雑誌の批評です。

林舞輝氏の著書『「サッカー」とは何か 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論 (footballista)

欧州サッカーアカデミズムの最高峰
ポルト大学で学んだ異色の25歳監督
Jリーグ関係者からお父さんコーチまで
全サッカー指導者必携!
進化するサッカーの“実用書”

この宣伝文は昨年のものなので、奈良クラブの監督をされていた時に発売されました。今季から浦和レッズの分析担当になり、より注目される存在です。「戦術的ピリオダイゼーション」や「ゲームモデル」などの用語をどのように記しているのかなど、特に、「構造主義」や「デカルト」の言葉が登場するので、その当たりを読んでいきます。

僕は、「構造主義の父」と言われたフェルディナン ド ソシュールの研究をしにジュネーヴ大学に留学したので、とても興味がある内容になっています。

これらの記事以外にも、【戦術コラム】の「1日1回読むだけで身につくサッカーの見方の基礎知識」の更新や、Jリーグが始まる前に、日本人が所属する海外クラブの試合や、イタリアのセリアA首位の好調ACミランを取り上げようかと思っています。

記事の公開は、基本的に朝9時と夜10時のどちらかを予定しています。

以上ですが、こんなのを取材して欲しい、この試合を分析して欲しい、という希望があったら、是非、気軽にツイッター ( @kawamoto_baika ) の方にでもお知らせください。

川本梅花

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ