【サッカー人気2位】軸が定まらないことによる不安。どこから…

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】#村瀬勇太「自分を見つめ直し、あと先は考えず“今季”を頑張るだけ」【会員限定】#ヴァンラーレ八戸 から #FCマルヤス岡崎 へ ―祈る、君が輝く日のために―

【渦中の話】祈る、君が輝く日のために「自分を見つめ直し、あと先は考えず“今季”を頑張るだけ」

目次
FCマルヤス岡崎に移籍した経緯と中口雅史前監督のサッカー
チームのバランスが崩れた原因
名ばかりの監督と実際の指揮官の間で
八戸で学んだことと、これからの自分

村瀬勇太が、明治安田生命J3リーグのヴァンラーレ八戸からJFL(日本フットボールリーグ)のFCマルヤス岡崎に完全移籍した。村瀬については、奈良クラブ(JFL)から八戸に加入した時、ノンフィクションを書いた。

#村瀬勇太 もう一度自分自身を取り戻すためにJの舞台へ【会員限定】#ヴァンラーレ八戸 @vanraure

今回は移籍の経緯と八戸の経験、これからの歩み方を聞いた。

FCマルヤス岡崎に移籍した経緯と中口雅史前監督のサッカー

――移籍した経緯は?

村瀬 流通経済大学を卒業して松本山雅FCに加入した時、一緒にプレーしていたのが、FCマルヤス岡崎の監督・北村隆二さんです。八戸から契約満了のリリースが出されると、すぐに「うちに来ないか」と連絡をもらいました。実は奈良クラブにいた時から誘われていて、今回も声を掛けてもらったので移籍を決めました。

――八戸からいつ岡崎に引っ越したの?

村瀬 1月19日です。青森県から愛知県への引っ越しは大変でした。

――岡崎ではプロ契約となる?

村瀬 はい、そうです。八戸よりも条件はいいです。

――昨季限りで引退した須藤貴郁(八戸)も一般企業で働いていた。一般企業からの給料とクラブからのサッカー給で生計を立てていた。プロ契約は村瀬を含めて5人くらいだからね。選手として1シーズンを過ごした八戸はどうだった?

村瀬 個人的には、ケガが多くて……。うまく試合に絡めなかったことは、とても残念でした。

――中口雅史前監督は、どんなサッカーをやりたいと言っていたの?

村瀬 全員攻撃、全員守備を掲げていて、センターバック(CB)も「得点を奪えるなら決めてしまえ」という考え方です。FWが後方に下がって守備をしてもいい。ポジションにとらわれないサッカーですね。

――キャンプでの調整の仕方は?

村瀬 八戸で練習している時は、けっこう走るトレーニングをしていました。沖縄キャンプでは、走ることよりもボールを使いながらコンディションを上げていく練習でした。

――キャンプの時は、チームにまとまりがあった?

村瀬 そうですね、最初の頃でしたから。中口監督がやるべき方向性を示してくれていたので、みんな同じ方向を見ていたと思います。

チームのバランスが崩れた原因

――チームのバランスが崩れた原因は?

(残り 2603文字/全文: 3726文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ