【サッカー人気3位】霜田正浩監督/オファーに「ここでやらな…

川本梅花 フットボールタクティクス

#ヴァンラーレ八戸 スターティングメンバーとシステムから読むチームの現状

【フレームの外の景色】ヴァンラーレ八戸、スターティングメンバーとシステムから読むチームの現状

ヴァンラーレ八戸はJ3第7節終了時点で2勝3分け2敗の6位につけています。直近5試合は2勝2分け1敗。開幕時に比べてチームができ上がってきたことが分かります。

開幕してすぐは思うような試合運びができない……。その原因として、青森は練習設備が十分ではないため、冬季に全体練習できる時間が短いことが挙げられます。沖縄のような南国でキャンプを張っても、青森に戻ってきたら練習場は雪に埋もれているため、練習は制限されます。そうした環境の問題が一番大きいと思われます。

しかしJ2へ昇格したヴラウブリッツ秋田や、今季J3首位のいわて盛岡グルージャは同じ東北地方のクラブであっても、スタートダッシュに成功しています。八戸や青森、弘前のクラブは、こうした成功例を見習い、どんな対策をしているのかを取り入れるべきでしょう。

八戸の場合、スタートダッシュできない原因がもう1つあります。これは八戸規模のクラブが抱える共通した問題ですが、選手の入れ替えが激しいことです。活躍して注目を浴びると、すぐに上のクラブから声が掛かる。選手はプロフェッショナルですから、選択肢として条件と環境がいいクラブを優先します。そうなるとスターティングメンバーの大幅な変更を余儀なくされるため、一からチームを作り直すことになります。

以下のシステム図は、2020シーズン開幕戦のメンバーとフォーメーションです。スタメンの7人は昨季限りで引退したか移籍しています。今季チームに残っているのは、わずか4人。フォーメーションは「4-3-3」。4バックの3トップという攻撃的なシステムでした。

(残り 1422文字/全文: 2136文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ