【サッカー人気3位】【地域CL】東京での「紫対決」は新宿が…

川本梅花 フットボールタクティクス

【会員限定】札幌大学サッカー部の河端和哉監督と久しぶりに話した夕方、僕はあの夏の日の出来事を思い出した。【コラム】

【コラム】札幌大学蹴球部の河端和哉監督と久しぶりに話した夕方、僕はあの夏の日の出来事を思い出した

ヴァンラーレ八戸の相田 勇樹についてのコラムを書いた翌日、相田の母校・札幌大学サッカー部の河端 和哉監督に電話をして相田の学生時代のプレーや人柄を聞こうと思った。河端と話をするのは2年ぶりくらいか。

「河端くん?お久しぶり。ヴァンラーレの相田くんは、札幌大学サッカー部出身だったんだね」

「そうなんです。僕が監督になった年に彼は2年生になる時でした」

「明日、話を聞きたいんだけど。相田くんのことと水戸の平塚(悠知)くんの話。それと、札幌大学サッカー部をどうやって立て直したのか、についてだけど、時間を作れる?」

河端は、僕の頼みを快く引き受けてくれた。

「明日は総理大臣杯の決勝なんです(7月18日、第45回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北海道大会決勝)。夕方の5時からなら時間を作れますよ」

決勝では、札幌大学が北海道教育大学岩見沢校を2-1で破って全国大会の出場権を得る。

(残り 1251文字/全文: 1740文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ