【サッカー人気2位】移籍と残留で揺れ動いた夏。 渡辺皓太…

川本梅花 フットボールタクティクス

【コラム】なぜ #ラインメール青森 は調子を上げてきたのか?―安達亮監督、後藤京介、差波優人の話からひも解く-【会員限定】

【コラム】なぜラインメール青森は調子を上げてきたのか?―安達亮監督、後藤京介、差波優人の話からひも解く-

2021年8月1日現在、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するラインメール青森FCは、今季リーグ戦17試合を消化して7勝6分け4敗、勝点27で5位につける。首位のいわきFCの勝点は38。残り試合(全34節、18チームによる総当たり2回戦)を考えれば逆転、すなわちJ3昇格のチャンスも十分にある。

JFLは中断期間を迎えており、ラインメールも7月25日に行われた第18節・高知ユナイテッドSC戦[2△2]で小休止。再開は8月22日の第19節・東京武蔵野ユナイテッドFC戦からとなる。このタイミングで、安達 亮監督、後藤 京介選手、差波 優人選手から以前聞いた話を中心に、ラインメールがなぜ調子を上げたのかを分析する。

ラインメールは、シーズン開幕してから5試合勝ちなし。勝ち切れない試合が続くも、5月5日に行われたリーグ6試合目、第8節・Honda FC戦で2-1の勝利を収めると、その後は4勝3分けで9試合負けなしとなる。粘って勝ち切る戦いを手に入れた背景には、安達監督と選手たちの信頼関係があった。

(残り 1556文字/全文: 2054文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ