【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

川本梅花 フットボールタクティクス

【コラム】「売り出し中の荒木!」という表現を巡る考察

【孤独の暁と無花果の蕾】「荒木は売ってませんから」について考える

アナウンサーの下田 恒幸さんが、見事なゴールを決めた鹿島アントラーズの荒木 遼太郎選手に対して「売り出し中の荒木!」と実況したら、「荒木は売ってませんから」と反論されたそうです。これに対し、下田さんは辞書を用いて「売り出し中」の意味を提示しています。

「売り出し中」と表現された試合は、8月28日の明治安田生命J1リーグ第27節、横浜F・マリノス対鹿島アントラーズ戦です。14分に右サイドでボールを受けて縦へ突破する土居 聖真選手のクロスを、荒木選手がヘディングでゴールを揺らします。下田さんの実況はYouTubeのダイジェスト映像でも確認できます。

19歳の荒木選手は、昨季26試合に出場して2得点でしたが、今季はリーグ戦全試合に出場して9得点の活躍を見せています。確かに彼のプレーを見れば「売り出し中」は誇張した表現ではありません。ここでは辞書の意味を踏まえつつ、鹿島サポーターの心情、日本語表現について考えてみたいと思います。

(残り 1058文字/全文: 1595文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ