J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

【ノンフィクション】#相田勇樹(#ヴァンラーレ八戸)君が歩んで行く道に幸あれ【会員限定】

【ノンフィクション】君が歩んで行く道に幸あれ

相田 勇樹(ヴァンラーレ八戸)
1998年8月3日生 東京都出身 172cm 66kg
経歴:あきる野FC-山梨学院高校-札幌大学-ヴァンラーレ八戸

山梨学院高校の10番がいる

1月中旬の北海道は凍えるような寒さだが、あの日は「ような」という比喩表現で言い表せる寒さではない、まさに凍える寒さだった。体育館の前の駐車場に止めてある車に相田 勇樹を招き入れた。暖房で温めていた車内は、凍えた身体を少しだけ落ち着かせてくれた。相田と話したのは、その時が初めてだった。

河端 和哉が札幌大学サッカー部の監督に就任したのは、いまから4年前の1月。相田はちょうど1年生を終えるところだった。「山梨学院高校の10番がいる」。うわさでは聞いていた。だが、それとは別の話も届いている。

「相田がサッカーを辞めるかどうか迷っている」

そんな話を間接的に聞いても「だろうな」としか思えない。きっと相田にとって札幌大学サッカー部は、彼が思っていたようなチームではなかったのだ。「ここでやっていても、もうダメだ」と本人が考えているとある程度は推測できた。それでも一度は相田本人から話を聞かなければならない。

「ちょっと乗れよ」と足早に帰宅しようとする相田を引き留めた。

(残り 2499文字/全文: 3030文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ