【サッカー人気3位】【地域CL】東京での「紫対決」は新宿が…

川本梅花 フットボールタクティクス

【レビュー】あまりにも薄いカウンター攻撃に対する意識【会員限定】J3 第19節 #ヴァンラーレ八戸 0-1 カターレ富山

【レビュー】あまりにも薄いカウンター攻撃に対する意識

明治安田生命J3リーグ第19節 ヴァンラーレ八戸 0-1 カターレ富山

目次

中心選手としての存在感を放つ相田勇樹
あまりにも薄いカウンター攻撃に対する意識
失点シーンで見られた2つの誤謬

明治安田生命J3リーグ第19節、ヴァンラーレ八戸対カターレ富山が10月6日にプライフーズスタジアムで行われた。八戸は9月17日にトップチーム選手2名から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)陽性反応が出たと発表。翌日、直近開催予定だったカターレ富山戦の中止を発表していたが、その代替え試合がこの日に当てられる。八戸は前節(J3第21節)のアスルクラロ沼津戦から公式戦を再開させるも2-7の大敗。一方の富山は前節、福島ユナイテッドFCに3-1で勝利を収めている。

中心選手としての存在感を放つ相田勇樹

この日の試合は、新型コロナウイルスによる活動停止の影響からコンディション面に不安のある八戸が、昇格争いを繰り広げる富山に黒星を喫する結果となる。八戸の戦い方についてはある程度予想できていたものの、見ていて強い不満を感じた。両チームのフォーメーションを組み合わせると以下の図になる。八戸も富山も共に「3-5-2」のミラーゲームとなった。八戸は富山のシステムに合わせて1トップを2トップに替えている。


省略記号一覧

(残り 1836文字/全文: 2436文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ