【サッカー人気1位】今季ラスト10試合が始まる 勝利の流れ…

川本梅花 フットボールタクティクス

【試合分析】#小野雅史 の巧妙なポジショニング【会員限定】J2第33節 #大宮アルディージャ 2-2 #ツエーゲン金沢

【試合分析】小野雅史の巧妙なポジショニングで引き分けに持ち込む

明治安田生命J2リーグ第33節 大宮アルディージャ 2-2 ツエーゲン金沢

目次

大宮のビルドアップを支える三門雄大
馬渡和彰のマンマークを外すプレー
小野雅史の巧妙なポジショニング

明治安田生命J2リーグ第33節、大宮アルディージャ対ツエーゲン金沢が10月9日にNACK5スタジアムで行われた。前節、栃木SCに3-1の勝利を収めた大宮だったが、金沢戦の引き分けにより7勝13分け13敗(勝点34)、1つ順位を落として15位になる。一方の金沢も、前節・アルビレックス新潟に1-0で勝利を収めた勢いのまま臨んだものの追いつかれてのドロー。8勝8分け17敗(勝点32)で順位は18位のままとなった。22チームで争われ、19位以下がJ3自動降格となる今季の明治安田生命J2リーグ。残留争いでは、勝点が消化試合数を上回っているかが1つの指標となる。残り9試合、1試合ごとの重みは増していく。


省略記号一覧

大宮のビルドアップを支える三門雄大

前節、上位の新潟を破った金沢は、大宮戦でも4分と12分にFW大谷 駿斗が得点。早々に2点のリードを奪う。対する大宮は20分過ぎから“やり方”を変える。ディフェンスラインでボールを回して相手の動きを見ながら展開することを止め、積極的に前線へとボールを配給するようになる。これはCH三門 雄大のプレーに起因する。

(残り 1626文字/全文: 2247文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ