J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】#河端和哉 札幌大サッカー部監督…部の改革、そして選手時代との違い、教育者としての理想

【インタビュー】河端 和哉 札幌大サッカー部監督…部の改革、そして選手時代との違い、教育者としての理想

創部50年の札幌大サッカー部を改革

――札幌大学サッカー部監督に就任してすぐの印象は?

河端 想像していた以上にひどくて……。部室はあるものの、誰も管理していない。本当にひどい環境で驚きました。創部50年という歴史があり、目標やポリシー、理念はあるものの、それは名目だけ。2年先のビジョンや目的といった概念から作り直しました。

――監督就任前は、どのような体制だったのか?

河端 北海道コンサドーレ札幌の方が週に3~4回、外部コーチとしてAチームの練習を見てくれていました。きちんとした指導だったと聞いています。ただAチーム以外のB、Cチームは、選手が自分たちで練習メニューを考えていました。東京の富士通で働いているOBの方が総監督として月1回程度来ていたのと、大学の職員にはサッカー部出身の者がいて、彼らも練習は見ていたんですが、組織作りにはあまり積極的に取り組んではいなかったようです。本当に学生だけでやっている感じですね。組織作りには誰も関与していませんでした。

――その話を聞くと、部として活動できていることが信じられない。

河端 部員は100人ほどいましたし、その中には特待生として入部した子もいました。ある程度「質」のある子がそろっていたので、道内のリーグ戦では2位になるなど、結果を残せていました。ただ大学生の集まりであってプロではないため、組織作りは行われていませんでした。

(残り 2520文字/全文: 3156文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ