【サッカー人気3位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

川本梅花 フットボールタクティクス

【試合分析】#青木翔大 の先制点…その過程を分析【会員限定】J2第33節 #水戸ホーリーホック 2-1 #ザスパクサツ群馬

【試合分析】青木翔大 の先制点…その過程を分析

目次

前節・J2第32節終了時点の順位
青木翔大の先制点
思い切りの良い松崎快のプレー

明治安田生命J2リーグ第33節 水戸ホーリーホック 2-1 ザスパクサツ群馬

前節・J2第32節終了時点の順位

明治安田生命J2リーグ第33節、水戸ホーリーホック対ザスパクサツ群馬が10月10日にケーズデンキスタジアム水戸で行われた。水戸は前節・SC相模原戦で後半アディショナルタイムに失点を喫し、4-4の引き分け。J2第32節終了時点の順位は勝点45(13勝6分け13敗)で9位となっている。一方の群馬は前節・ギラヴァンツ北九州戦、後半アディショナルタイムに追いついて2-2。同順位は勝点33(8勝9分け15敗)で16位となっている。降格圏の19位は勝点31。群馬は残留争いのさなかにある。

青木翔大の先制点

両チームのフォーメーションは、「4-4-2」のミラーゲームとなった。


省略記号一覧

対戦する両チームが同じシステムを採用する場合、攻撃側は意図的にミスマッチを演出しなければならない。こうした生じた“ズレ”から生まれたのが3分、群馬FW青木 翔大の得点だった。

(残り 1377文字/全文: 1897文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ