【サッカー人気1位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

川本梅花 フットボールタクティクス

【試合分析】#近石哲平 がパスを出す前にオーバーラップする #丹羽一陽【会員限定】J3第23節 #ヴァンラーレ八戸 1-1 #福島ユナイテッドFC

【試合分析】近石哲平がパスを出す前にオーバーラップする丹羽一陽

目次

「3-6-1」のミラーゲーム
直近3試合で13失点…八戸の課題とは
近石哲平がパスを出す前にオーバーラップする丹羽一陽
“裏のスペース”をカバーするGK蔦颯

明治安田生命J3リーグ第23節 ヴァンラーレ八戸 1-1 福島ユナイテッドFC

明治安田生命J3リーグ第23節、ヴァンラーレ八戸対福島ユナイテッドFCが10月17日にプライフーズスタジアムで行われた。八戸は前節(J3第22節)、ロアッソ熊本に0-5で黒星。守備を立て直して臨んだ福島戦は76分に上形 洋介のゴールで先制するも、86分にPKを決められて同点のまま終了。八戸は6勝6分け9敗(勝点24)で11位と変わらず。福島は前節・鹿児島ユナイテッドFC戦[1△1]に続く引き分けで、直近5試合は2分け3敗。11勝4分け7敗(勝点37)で5位となっている。

「3-6-1」のミラーゲーム

八戸は「3-6-1」細かく記せば「3-4-2-1」でSTに2人を置く。福島は前節の「4-2-3-1」ではなく八戸と同じ「3-6-1」を採用し、ミラーゲームとなった。

省略記号一覧

八戸は、熊本戦からスターティングメンバーを変更。DF廣瀬 智行、MF中村 太一、相田 勇樹、FW岡 佳樹の4人が外れ、DF赤松 秀哉、板倉 洸、MF新井山 祥智、FW上形をピッチに送る。さらに選手の配置も変更している。板倉をディフェンスライン中央のSWにして、右SPに赤松を置く。SPで起用されていた小牧 成亘を右WBで起用した。CHは佐藤 和樹と新井山。前澤 甲気を1トップにして、STに上形と坪井 一真を配置する。

直近3試合で13失点…八戸の課題とは

守備は引いて守ることを基本ベースにしたとしても、引いてばかりいては得点できない。ボールを奪って攻撃に転じなければいけない。しかしDFとMFが自陣に引いて守っているため、どうしてもボールを奪う位置は低くなってしまう。ぎりぎりバイタルエリア付近でボールを奪えたなら御の字。守備に人数をかけているため、攻撃への展開は遅くなる。結果、ボールをハーフウェーラインまで運んだ時点で、相手チームは帰陣してブロックを作っている。そしてボールを回して様子をうかがっている間に、インターセプトされてピンチを招く。かといって後方でボールを奪ってロングボールを前線に入れても、カウンター攻撃の準備ができていないため、ボールは相手に渡ってしまう。この繰り返しが、八戸の大量失点(福島戦までの直近3試合で13失点)の大きな原因となっていた。八戸はどのようなテコ入れをして組織を立て直してきたのか。

近石哲平がパスを出す前にオーバーラップする丹羽一陽

(残り 1396文字/全文: 2538文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ