【サッカー人気4位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

川本梅花 フットボールタクティクス

【試合分析】#平野佑一 を経由する浦和の攻撃【会員限定】J1第32節 #浦和レッズ 1-1 #ガンバ大阪

【試合分析】平野 佑一 を経由する浦和の攻撃

目次

ピッチの幅を広く使いたい浦和
平野佑一を経由してボールは前線へ
リカルドロドリゲス監督のプレーモデルと平野佑一のプレースタイル

明治安田生命J1リーグ第32節 浦和レッズ 1-1 ガンバ大阪

明治安田生命J1リーグ第32節、浦和レッズ対ガンバ大阪が10月16日に埼玉スタジアム2002で行われた。浦和は前節(J1第31節)ヴィッセル神戸戦で1-5の大敗。J1第31節終了時点の順位は勝点54(16勝6分け9敗)で5位となっている。一方のG大阪も前節、北海道コンサドーレ札幌に1-5と惨敗。同順位は勝点33(9勝6分け16敗)で14位となっている。降格圏17位・湘南ベルマーレの勝点は27。G大阪は残留争いのさなかにある。

このコラムでは、浦和レッズに視点を置いて記していく。

ピッチの幅を広く使いたい浦和

浦和のフォーメーションは「4-2-3-1」。G大阪は中盤がボックス型の「4-4-2」だった。


省略記号一覧

4バックの浦和はビルドアップの際、2人のCB(岩波 拓也、アレクサンダー ショルツ)が両サイドへと開いていく。そして中央のスペースへは、主にCH平野 佑一が降りてくる。ディフェンスラインを3バックにすることで両SB(山中 亮輔、酒井 宏樹)が高い位置を取って攻撃参加することが可能になる。ボールがハーフウェーラインを越えると前線に5人が並び、相手守備陣にプレッシャーをかける。浦和はピッチの幅を広く使ったサイド攻撃をベースにしている。

平野佑一を経由してボールは前線へ

平野 佑一はリーグ中断期間の8月6日、水戸ホーリーホックから浦和に加入することが発表された。西野 努テクニカルディレクター(TD)は加入記者会見で次のように説明している。

「中盤の真ん中において、守備だけではなくて攻撃の起点にもなる攻撃力に重点を置いていたことが平野選手を獲得した大きな理由です」

https://www.urawa-reds.co.jp/static/ttt/177342.html

G大阪戦を見れば、平野は西野TDの説明通り、ピッチの幅を使った攻撃をしたい、リカルド ロドリゲス監督の求めていた選手であることが分かる。

(残り 1085文字/全文: 2026文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ