【サッカー人気3位】【マッチレポート】J2-15[H] 水…

川本梅花 フットボールタクティクス

【ノンフィクション】#ヴァンフォーレ甲府 社長 佐久間悟が歩んできた道―理想の戦い方を求めて―【会員限定】

目次
NTT関東サッカー部への挑戦状
モアテン オルセンのアドバイス
妥協なきピム ファーベックの要求
理想のシステムに向かって歩み出す
チームを強くするために何をするべきか

NTT関東サッカー部への挑戦状

佐久間 悟は、駒澤大学サッカー部に籍を置いていた。当時の同大学サッカー部は何人もの選手をNTT関東に送り込んでいる。だから両チームは頻繁に練習試合をする間柄だった。

「僕はサッカーオタクだったんですよ」

佐久間は大学生の頃を振り返って話す。

NTT関東サッカー部で活躍した佐々木 則夫が帝京高校でプレーしていた時、インターハイ優勝や高校選手権ベスト4に進んで活躍する姿に、佐久間は憧れを持っていた。佐々木は佐久間の目標であり尊敬する選手だった。その憧れの選手がいるNTT関東サッカー部の練習に参加させてもらう機会があった。しかし彼は期待とは裏腹の感想を持つ。「実力者ぞろいだが、みんな一生懸命に取り組んでいない」。それが練習参加した佐久間の抱いた実感だった。

佐久間は高校・大学と血眼になってサッカーに打ち込んできた。おそらく、NTT関東サッカー部の選手たちも、佐久間と同じように打ち込んできたはずだ。しかし一般企業に務める社会人のサッカー部員は、サッカーだけに打ち込むことは許されない。部員たちは、自分に与えられた仕事を片付けてから練習に参加する。翌日も会社へ出勤して仕事をこなさなければならない。余力を残さないと身体的にキツくなってしまう。

(残り 5909文字/全文: 6526文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ