川本梅花 フットボールタクティクス

ヴァンフォーレ甲府は「ゾーンディフェンス」を崩壊させた【試合分析】2022年3月5日明治安田生命J2リーグ 第3節 V・ファーレン長崎 1-2 ヴァンフォーレ甲府【会員限定】

目次
長崎の「シンプル」な攻撃に少しだけ戸惑った甲府
長崎のゾーンディフェンスを崩す甲府
明治安田生命J2リーグ第3節 V・ファーレン長崎対ヴァンフォーレ甲府

省略記号一覧

第2戦のフォーメーションとスタメン

フォーメーションは「3-4-2-1」で、スターティングメンバーも前節の大分トリニータ戦(1△1)と同じである。

両チームのフォーメーションを組み合わせた図

長崎は、「4-4-2」の中盤はボックス型を採用する。

フォーメーションの組み合わせから見えるマッチアップ

両チームのフォーメーションをかみ合わせると、甲府の両WBと長崎の両SH、甲府と長崎の中盤を仕切るCHがマッチアップになる。何もしなければ、常に対面する相手とかかわらないとならない。どうやって動くことで、マッチアップからの「ズレ」を生み出せるのか。そこは、興味深い点である。

長崎の「シンプル」な攻撃に少しだけ戸惑った甲府

(残り 2046文字/全文: 2464文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ