川本梅花 フットボールタクティクス

八戸は思い切ってチーム改革をするべき…その方法は?【試合分析】明治安田生命J3リーグ 第4節 2022年4月21日 ヴァンラーレ八戸 0-2 アスルクラロ沼津【会員限定】

目次
J3第4節のフォーメーションとスタメン
両チームのフォーメーションを組み合わせた図
思い切ってチーム改革をするべき…その方法は?
明治安田生命J3リーグ第4節 ヴァンラーレ八戸 0-2 アスルクラロ沼津
省略記号一覧

J3第4節のフォーメーションとスタメン

八戸のフォーメーションは、これまで採用してきた「3-4-2-1」ではなく「3-5-2」にしてきた。FWを2人にして中盤に3人を置いた。相田 勇樹がアンカー役になっている。4月17日に行われたJ3第6節のカマタマーレ讃岐戦(1●2)から、SP下堂 竜聖に替えて小牧 成亘を、WB丹羽 一陽から前澤 甲気に、CH宮尾 孝一を相田に、FW有間 潤からCH佐藤 碧に変更した。

両チームのフォーメーションを組み合わせた図

思い切ってチーム改革をするべき、その方法は…

(残り 1730文字/全文: 2077文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ