川本梅花 フットボールタクティクス

八戸の理想的な戦い方の前半と一方的に守備に回った後半【試合分析】明治安田生命J3リーグ 第7節 2022年4月29日 いわきFC 3-1 ヴァンラーレ八戸 【会員限定】

目次
J3第7節のフォーメーションとスタメン
両チームのフォーメーションを組み合わせた図
相田勇樹のロングスローから得点
理想的な戦い方の前半と一方的に守備に回った後半
明治安田生命J3リーグ第7節 いわきFC 3-1 ヴァンラーレ八戸

省略記号一覧

J3第7節のフォーメーションとスタメン

4月24日のアスルクラロ沼津戦(0●2)の敗北で、メンバーを何人か変更してくるだろうと思われた。DF陣では小牧 成亘に替えて小林 大智が383日ぶりに復帰した。昨季はケガによって前半戦しか試合に絡めなかった。MF陣においては國分 将と坪井 一真、佐藤 碧の3人が江幡 俊介と丹羽 一陽、有間 潤に代わった。2トップにして攻撃の際に人数を増やしたいのだろう。2年目の小林と新人の江幡を頭から使ってきた。さらに、ベンチには江幡と同じく今季加入した武部 洸佑が控えている。

両チームのフォーメーションを組み合わせた図

相田勇樹のロングスローから得点

(残り 2361文字/全文: 2791文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ