サッカー番長 杉山茂樹が行く

“忖度”の国で思う、サッカー界の報道の自由度ランキング

FIFAランキングは、かつてしきりに引用された。現行の算出方法になった1999年以降、日本の最高順位は13位(2005年7月、2011年4月、6月)だ。順位を連呼したくなる理由はよく分かる。

一方、現在のランキングは56位。その事実を知らない人に、わざわざ知らせたくない順位である。事実、積極的に伝えようとするメディアは少ない。W杯本大会の出場枠は32。本大会が2倍のスケールで行われても、グループリーグ突破が望めそうもない順位である。

実際のところはどうなのか。56位より上だと思いたいが、30番台は難しいだろう。確実に言えるのは、一頃より大きく下降していることだ。これは隠しようのない事実。強がりを言わず、現状を是認することから始めないと、逆転は望めない。

(残り 1785文字/全文: 2113文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ