サッカー番長 杉山茂樹が行く

日本に最もフィットする代表監督は誰か。近場で思いつく3人の候補者

歴代の日本代表監督の中で一番よかったのは誰か? と問われれば、ハビエル・アギーレじゃないの? と返したくなる。試合数はわずかに10。じゃないの? と、返しが弱くなるのは、感触程度になるからだが、印象は悪くない。少なくとも僕の中では、もっと見てみたいサッカーだった。いつかも述べたと思うが、1-0で勝利した2015年アジアカップ対イラク戦は、日本代表史に残るベストゲームだと言いたくなる。

マイボールに転じ、ビルドアップに入るや、4-3-3のセンターバック2人が大きく開き、その真ん中にアンカーが降りてきて、瞬間、同時にサイドバックが押し上がる。4-3-3と3-4-3の中間型、可変式とも言うべきそのサッカーには、1本筋の通った気品のようなものが感じられた。

例えば、アンカーとして可変式の主役となり、その後、所属のフランクフルトで、リベロっぽいセンターバックとして活躍することになった長谷部誠にとって、アギーレは新境地を開拓してくれた恩人と言えるのではないだろうか。

(残り 1820文字/全文: 2248文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事

ページ先頭へ