サッカー番長 杉山茂樹が行く

好調C大阪の陰で精彩を欠く清武と柿谷。そして香川。彼らに共通する問題とは

Jリーグ3位。ルヴァンカップ優勝。天皇杯優勝。そしてJリーグと天皇杯の各チャンピオンが戦うゼロックス・スーパーカップを制したセレッソ大阪。その前の2シーズン(20152016年)がJ2暮らしだったことを考えると、それはまさに大躍進に値する。

先日行われたゼロックス・スーパーカップ対川崎F戦も、勝利にフロックという印象は抱かせなかった。今季も昨季並みの成績は望めそうな上位候補だ。しかし優勝候補と呼ぶには、もうひとつグッと迫るものがない。主要なスタメンの中に、旬とは呼べない選手がいるからだ。

それは、気になって仕方がない選手でもある。サッカーという競技の特異性と、それに向き合うサッカー選手という職業の難しさを思わずにはいられない選手。わずか1年の間にすっかり平凡な選手になった選手と言えば、答えは清武弘嗣になる。この選手、1617シーズンの秋口、すなわちいまからわずか1年半前の段階では、日本人選手の中で誰よりも勢いを備えていた。スペインリーグの強豪セビージャで、名のある選手たちと、激しいポジション争いを繰り広げていた。試合にも出場。レベルの高い好プレーも披露した。それはちょうど、本田圭佑、香川真司の評価が下降してきたタイミングだった。清武への期待は、いやが上にも高まった。清武の時代は訪れるかに思えた。

(残り 1741文字/全文: 2297文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ