『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

サッカー番長 杉山茂樹が行く

西川対東口。槙野対昌子。三浦対植田。長友対車屋。日本代表レースを探る(1)GK、DF編

W杯本番まで残り5ヶ月を切った。と言っても、欧州での親善試合が予定される3月まで、代表チームとしての活動はない。代表レースの行方は、所属チームでどれほどよいプレーを見せるか、結果を残すかに懸かっている。しかし、Jリーグの開幕は2月24日だ。欧州遠征メンバーが発表されるのは3月上旬なので、国内組のアピールの場は1、2試合に限られる。事実上ないに等しい。国内組を絞り込む作業は、昨年末に行われたE1東アジア選手権をもって9割方完了したと見るのが自然だ。

そこで浮上した選手は誰か。現在、欧州でシーズンを戦う従来のスタメン組の中で調子が上がらない選手と、国内組との入れ替えはどの程度行われるのか。さらには、代表レースから脱落したかに見える本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)に復活の余地は残されているのか。このあたりが代表レースの主な見どころになる。

過去の代表チームを振り返れば、大抵、終盤でドタバタした。順当なステップを踏んだケースは少ない。最たる例は2010年南ア大会に臨んだ岡田ジャパン。そのラスト半年を切ってからの迷走ぶりは半端ではなかった。期待値は本番が近づくほど低下した。迷走した末、選手の大幅な入れ替えを余儀なくされたことが逆に奏功。好結果を生む要因になった8年前の例に従えば、ドタバタ劇はむしろ望むところである。

ここでは、代表レースが波乱の展開になることを期待しつつ、代表レースの行方をポジション毎に探ってみることにしたい。

次のページ

1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック