サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

サッカー番長 杉山茂樹が行く

久保建英。ウインガーとして鋭さを磨くことをオススメしたい

Jリーグ開幕戦、FC東京対浦和レッズの後半27分に途中交代で出場した久保建英。配布されたスタメン表には身長173センチと記されていたが、遠目から見る限り、160センチ台にしか見えなかった。大人の中に混じると、見るからに小さい感じがした。

現在16歳。僕は17歳のメッシが、バルサのトップチームでプレーする姿を幾度か見たことがあるが、それとの比較で言えば、大人しい印象だ。落ち着いているというか、見た目とは違い、大人っぽいというか、悪く言えば、子供らしくない。無邪気じゃない。プレースタイルで言えば、ドリブルで頻繁に縦を狙っていたメッシに対し、久保は周りを見てパッサー役に回りたがる印象だ。

一方、高い位置でボールに絡むと、潰される確率が高かった。小さな選手特有の弱さを感じさせた。16歳なので仕方がないのかもしれないが、それを圧しても縦に行こうとする、メッシのような積極果敢さに欠けた。

ポジションはFWであるにもかかわらず、MF的。FWのメンタリティではない気がする。メッシは右ウイングとしてデビューしたが、久保は真ん中。ある意味で自由な場所だ。この差が、中盤的な選手に見えてしまう大きな理由かもしれない。右ウイングは下がることが許されないポジションだが、2トップの一角は下がっても目立ちにくい。

中盤選手として落ち着いて欲しくない。FW、アタッカー、まさにメッシ型の選手として大成して欲しいと願っているこちらにとって、現在の久保には物足りなさを覚える。真ん中でパス回しに絡むのではなく、サイドアタッカーとしてドリブルに磨きを掛けて欲しい。変に落ち着かず、そして失敗を恐れず、プレーの鋭さに磨きを掛けて欲しい。その方が将来に繋がる。従来の日本人選手像を破る選手になれるーーと思うのだが。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題