【サッカー人気4位】「(谷口のファウルで染野の)肩が外れて…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

ジェフ千葉のストライカーに見る浦和レッズ浮沈のカギ

Jリーグ開幕週。土曜日と日曜日、2日連続で味スタに出かけた。

FC東京対浦和、東京V対ジェフ千葉。この4チームの中で、一番のお好みはジェフ千葉だ。フアン・エスナイデル監督のサッカーである。昨季のシーズン後半、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで連勝を重ね、最終的に6位に躍進。昇格プレーオフで名古屋に惜敗したが、千葉はどこよりもよいシーズンの終わり方をした。昨季後半の勢いは、今季も維持されているのか。

対戦相手の東京Vは、昨季の5位。昇格を逃したもの同士の上位対決に期待は募った。ところが、前半9分、好試合への期待感は一気に萎む。千葉のDF増嶋竜也が一発レッドで退場になったからだ。

1011の時間は81分間以上にも及んだ。しかし、それでも試合内容は互角だった。1111で行われる通常の試合を見ているかのようだった。ボール支配率の関係は54.4%対45.6%。上回ったのは千葉だった。

こうした現象は、実力が拮抗したチーム同士の対戦では、まず起こりえない。東京Vが特段、守備的に戦ったわけでもない。千葉の特徴が発揮されやすい環境ではなかったにもかかわらず、それは全開になった。勝利を収めた東京Vより、称賛したくなる魅力的なサッカーを展開した。

気がつけば、前日、同じ場所でFC東京と戦った浦和レッズと比較していた。堀孝史監督のサッカーだ。

(残り 1358文字/全文: 1920文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック