【サッカー人気1位】完膚なきまでの敗戦だった鹿島戦 今季の…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

いまからでも遅くない。お金持ち兼ヒマ人はぜひ!!

モスクワと言えば、赤の広場。というわけで、さっそく駆けつけてみれば、諸々設営中とかでゲートを封鎖中。明日(試合当日)は解放するとのこと。脇のショッピングセンター沿いを歩いてみれば、いるわいるわ、サポーターたちが。最初に目を引いたのは、地元ロシアと開幕戦を戦うサウジ軍団。

その直ぐ先でシュプレヒコールを挙げていたのはイラン。サウジへの対抗精神を丸出しに、吠える。続いて登場したのはモロッコ。こちらも、同じイスラム圏。イラン、サウジに負けるわけにはいかない。そしてエジプト人の姿もちらほら目に止まる。

中東の男たちは、髭が濃すぎるせいもあり、爽やかさゼロ。モスクワの空気に似合わない。

すると今度はメキシコが現れた。メヒコ! メヒコ! と、騒ぐものの、こちらは常連なので落ち着きがある。

そうこうしていると、アルゼンチンの国旗が目に飛び込む。そのブルー。どんどん薄くなっている印象。

地元ロシア人サポは発見できず。そしてなにより日本人サポらしき人にも遭遇できなかった。一人たりとも。10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会と、行きにくい場所で行われている間に、ファンの観戦意欲は減退してしまったのか。今回は日本からも近いし、訪れるべき大会だと思うのだが。いまからでも遅くない。暑くもなく、寒くもなく。お金持ち兼ヒマ人には絶対にオススメな場所。お待ちしております。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック