【サッカー人気1位】完膚なきまでの敗戦だった鹿島戦 今季の…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

サッカーに適したロシアの快適な気候が、弱者を有利に導く可能性

ワールドカップの現地観戦取材はこれが10回目。偉そうで恐縮ですが、過去の大会と比較できる立場なので言わせてもらえば、今大会は面白い。いつものワールドカップに比べて格段に。そんな気がする。

わかりやすい原因は気候だ。ロシアの6月は暑からず寒からず、ちょうどいい。避暑地のごとく快適なのである。モスクワで言えば、朝は15度ぐらいで少しひんやりしているが、日中は25度ぐらいまで上昇。そこそこ暑い。日没は22時ぐらいなので急にひんやりしてくることはない。半袖シャツ一枚では苦しいが、ニットのサマーセーターなんかがあると重宝する。ナイターを観戦するなら、用心のために薄手のシャカシャカ(ナイロンジャンパー)を持っていけば十分だ。

例外は、ポルトガルとスペインが3-3の熱戦を繰り広げたソチぐらいだろう。ロシア屈指のリゾート地は、まさに夏という感じだった。しかし、それでも試合開始時間(ポルトガル対スペイン戦は21時)が迫ると、どこからともなく涼やかな風が吹き始め、ニットのサマーセーターが必要になるくらい落ち着いた気候になる。好試合が生まれる条件が整うことになったのだ。

今大会に出場した選手の多くが普段プレーしている欧州の一般的な国々より、おそらく快適で過ごしやすいと思われる。選手のモチベーションにそれが繋がっていると想像される。

(残り 1406文字/全文: 1966文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック