サッカー番長 杉山茂樹が行く

W杯準決勝対イングランド戦。クロアチアの右SBブルサリコは出場できるのか

準々決勝対ブラジル戦。ベルギーのロベルト・マルティネス監督は、それまでとは異なる布陣で臨んだ。右にルカク、左にアザール、そして、デブライネをその真ん中に0トップ気味に置く4-3-3だ。

ルカクを右の高い位置に据えれば、対峙するマルセロの攻め上がりは抑止できる。それでもマルセロが上がれば、その背後は狙い目になる。ベルギーの勝利は、重心が低めだった3-4-3を、高い位置から圧力を掛ける布陣に変更したことにある。日本戦のように受けて立っていたら、結果は違ったものになっていたはずだ。

次戦はフランス戦。ベルギーはこの試合をどう位置づけるのか。ブラジルには格上なので、負けてもともとと、思い切った作戦をとることができた。フランスに対しても、同じスタンスで行くのか。それとも色気を出して、日本戦までのように「後ろ体重」で行くのか。とりわけ注目したいのはその布陣だ。

ブラジルの敗因は、ネイマールを例に取れば分かりやすい。この選手、言われているほど凄い選手だろうか。C・ロナウド、メッシの域には及ばないにもかかわらず、報道ではそのあたりがぼかされ、そして盛られている。サッカー王国ブラジルを代表するエースとしては、物足りなささえ覚える。

(残り 1754文字/全文: 2265文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ