『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

サッカー番長 杉山茂樹が行く

岐路に立たされているという自覚がない日本サッカーを心配する

東京五輪を目指すU−21監督兼日本代表監督。兼任監督はフィリップ・トルシエ以来となるが、2002年日韓共催W杯を目指した当時の代表チームは、開催国特権で予選が免除されていた。過去にない大きな責務を背負ってしまった監督。森保氏に対して多くの人が抱く不安だが、その就任に際して、それ以上に問題視すべきは、激変しそうなサッカーのスタイルだ。彼が従来通りのサッカーをするならば、日本代表のサッカーは守備的サッカーに様変わりする。実際に森保監督は、代表監督就任記者会見で「これまで通りのやり方でやってみて、ダメならそこで考える」と述べている。

議論もないままに、日本が攻撃的サッカーを捨てようとしていることは、兼任か否かより百倍重大な問題だ。日本サッカーはロシアW杯が終わるや突如、大きな分かれ道に立つことになった。

重大な話であるとの認識を、決定権のある人が持ち合わせていないことと、それは関係がある。実際、田嶋幸三会長、関塚隆技術委員長が就任記者会見で、その件について触れることはなかった。上記の森保監督のコメントも自発的ではなく、記者の質問に答える形で吐いたものだ。

これは、協会に限った問題ではない。記者側も、その手の質問をしたのはわずか1人。2、3百人を集めて行われたその記者会見の会場で、日本サッカーが重大な岐路に立たされていることを自覚している人は、少なそうに見えた。W杯ベスト16に相応しくない、日本サッカーのレベルを見るような新監督就任会見だった。

(残り 2226文字/全文: 2851文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題