【サッカーパック人気4位】 「生まれ育った集落は3つの家庭、14人しか住んでいませんでした。隣の集…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

森保JはロシアW杯の西野Jと同じパターンを繰り返すのか。スタメンとサブに分かれたチームは危ない

写真:岸本勉/PICSPORT

森保監督はグループリーグ第3戦、対ウズベキスタン戦にどんなメンバーを送り込むのだろうか。第1戦(トルクメニスタン戦)、第2戦(オマーン戦)を経て、チームは出場した人と出場しなかった人に大きく二分された。2人のGKはともかく、20人を数えるフィールドプレーヤーでは三浦弦太、佐々木翔、室屋成、塩谷司、青山敏弘、乾貴士の6人に出場機会が与えられていない。大迫勇也が第2戦以降、怪我で別メニューの状態にあるにもかかわらずだ。

ウズベキスタンは2戦2勝。勝ち点は日本同様勝ち点6ながら、得失点差で日本を上回る。日本が首位通過を狙うなら勝利が不可欠。2位でも構わないのであれば、引き分け以下でもオッケーになる。1位で通過すれば、次の決勝トーナメント1回戦の相手はカタールかサウジアラビア。2位通過した場合はオーストラリアになる。

日本対ウズベキスタン。注目は両軍のスタメンだ。それぞれはどんな出方をするか。日本は先述の6人が、スタメンを飾る可能性が高まったと言える。

想起するのはロシアW杯。西野監督はその3戦目のポーランド戦に、先発を6人入れ替えて臨んだ。

(残り 1842文字/全文: 2328文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック