【サッカーパック人気4位】 「手倉森誠監督侮辱的言動の疑いで2試合停止処分」のFC琉球×V・ファー…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

欧州サッカーを国やリーグ単位で眺める危なっかしさ

チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)へ計7チームを送り出し、決勝トーナメント1回戦を経た現在まで敗退したチームはわずか1チーム。今週行われるCLの準々決勝には4チームが出場する。プレミア勢の話であるが、その好調ぶりは昨シーズンあたりから顕著になっている。

現在、UEFAカントリーランキング(リーグランニング)で首位を走るのはスペイン(リーガ・エスパニョーラ)で、イングランド(プレミアリーグ)は2位につけている。これは過去5年の戦績に基づくデータなので、両者の立場がいますぐ逆転することはないが、スペイン勢断トツリードの状況に変化が起きていることは確かだ。

プレミアの勢いは続くのか。スペインが巻き返すのか。両国(両リーグ)に続く、イタリア(3位・セリエA)、ドイツ(4位・ブンデスリーガ)、フランス(5位・リーグアン)、ロシア(6位・プレミアリーグ)の順位に変動はあるのか。

振り返れば、スペインの前はプレミアの時代だった。2008年〜2012年までになるが、それ以前は、スペインの時代(2000年〜2007年)で、さらにそれ以前は、イタリアの時代(1991年〜1999年)だった。

(残り 1921文字/全文: 2420文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック