【サッカーパック人気1位】 なぜ主審は第四の審判員からの進言でラストタッチを仲川とジャッジしオフサ…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

CL準決勝バルサ対リバプールで、日本人がメッシ対サラーに注目したい理由

来週行われるバルセロナ対リバプール(チャンピオンズリーグ準決勝)。見どころはいろいろあるが、この試合の結果は、リオネル・メッシとモハメド・サラーの活躍度にそのまま反映するように思う。

サッカーは11人対11人の戦い。個人の争いを強調することは本質から外れる恐れがあるが、この試合の場合、彼らの活躍なしに、それぞれのチームが勝利する姿を想像することは難しいので、あえてそう言わせてもらう。

ともに布陣は4-3-3だ。バルサが4-4-2で戦う可能性なきにしもあらずだが、左右のバランスという点に問題を抱えているのはバルサの方だ。右サイドの攻撃があまり強くない。攻撃が浅いというか、その高い位置に侵入しにくいサッカーになっている。

右サイドバック(SB)が攻め上がらない限り、バルサはそこを突けない仕組みなのだ。布陣が4-3-3なら本来、そこを突くべきはメッシになる。リバプールはサラーになるが、メッシのポジションはサラーに比べ内寄りだ。右のライン際でボールを受けた場合でも、ドリブルで縦方向に進む傾向があるサラーに対し、メッシは内に切れ込もうとする。左足シュートを意識した態勢に入る。

(残り 1939文字/全文: 2426文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック