【サッカーパック人気3位】 エジガル・ジュニオはこれで11点目。コツコツと地道に積み上げていっての…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

CL準決勝。バルサ、メッシではなくリバプールによって最大値が更新されたサッカーの魅力

バルセロナがリバプールに3-0で先勝したチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦を見て一番に何を思うか。リオネル・メッシは確かに凄かった。現在31歳。サッカー選手として下り坂にさしかかる年齢である。アタッカーにとってはなおさらだが、俊敏さと巧緻性はそのままに円熟味が増している印象だ。この試合の3点目のFKシーンでは、弾道のあまりの鋭さに震えが来たほどだった。まさにマンオブザマッチ級の活躍をしたメッシが、あっちこっちで見出しを飾るのは当然といえば当然かもしれない。

先制弾となったルイス・スアレスのスライディングシュートも負けず劣らず鮮やかだった。超高度で芸術的。これまた見出しとして特筆したくなるスーパーゴールだった。

しかし、バルサファンでもリバプールファンでもない1人の日本人が、この試合をダイジェスト版ではなく、90分間フルに眺めた時、一番何に驚くだろうか。もちろん人によって違うだろうし、サッカーにはいろんな見方があるので、こうでなければならないと断定するつもりはないが、こちらの目をなにより釘付けにさせたのは、選手の個人的なプレーではなく戦いのレベルだった。

何というハイレベル。これまで見た何千試合の中でナンバーワンだと即断したくなる、サッカーというスポーツの魅力及び競技力の最大値が更新されたことを実感した戦いだった。

第3者にとって、レベルの高さは娯楽性の高さと同義語だ。スコアは3-0ながら試合は滅茶苦茶面白かった。レベルの低い試合、退屈な試合はなかなか時間が経過しないものだが、この一戦は圧倒的に速かった。実際の30分が15分程度にしか感じられないほどだった。時が経つのを忘れ見入ってしまったのだ。サッカーファンではない人でさえ虜にしてしまいそうな、サッカーの普及発展に大貢献した試合と言ってもいい。

(残り 1649文字/全文: 2407文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック