【サッカー人気1位】マリノスが川崎フロンターレ化⁉ FC東…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

急増した左利きアタッカーを効率よく布陣上に落とし込む方法

スタメンの第2列目に左から中島翔哉、久保建英、三好康児の3人が並んだのは、コパアメリカで最後の試合となったエクアドル戦だった。

試合はどちらに転んでもおかしくないスコア通り(1-1)の内容で、喜ぶべきかどうか微妙な戦いだったが、世の中はいたって好意的な反応を示した。3人揃って華のあるプレーを見せたからだ。

A代表の4-2-3-1の3は、現在の優先順位に従えば中島、堂安律、南野拓実と続く。原口元気、伊東純也がこれを追う展開だが、そこに上記の久保、三好の2人がどういう形で割って入るのか、興味深い。

コパアメリカで初代表を飾った三好。コパアメリカの直前に行われたキリンチャレンジ杯のエルサルバドル戦で代表デビューした久保。この2人に共通することは左利きであることだ。

コパアメリカではお互い直ぐ隣のポジションでプレーした。4-2-3-1の3の真ん中と右だ。左利きの2人が並ぶのは、世界的に見て珍しいケースである。一目で左利きであることが顕著になるのが三好だ。身体を開き気味に、いわゆる左半身の体勢でプレーする。半身の体勢がキツくない久保が真ん中で、三好が右というのはポジション的に理に適っていた。

(残り 1885文字/全文: 2379文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック