【サッカーパック人気4位】 「手倉森誠監督侮辱的言動の疑いで2試合停止処分」のFC琉球×V・ファー…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

名波監督解任に思う。結果が出ない守備的サッカーほど哀れなものはない

ルイス・カレーラス(サガン鳥栖)、ヤン・ヨンソン(清水エスパルス)、フアン・マヌエル・リージョ(ヴィッセル神戸)に続き、監督の座を追われることになった名波浩(ジュビロ磐田)。他の3人と異なるのは日本人監督だということと、現役時代に有名選手だったことだ。

日本のサッカーファンにはお馴染みだ。日本代表が1998年フランスW杯に念願の初出場を決めた時に、中田英寿とともに中心選手として活躍した日本サッカー界の功労者でもある。引退後、中田がサッカー界から去ったのに対し、名波はテレビ解説者、評論家としてサッカー界の目立つポジションで活躍。

そして2014年、クラブとして初めてJ2に転落した磐田の監督に就任した。現役時代、自らの手で築いた黄金時代の復活を託された。

2014年=J2、4位、2015年=J2、2位(J1昇格)、2016年=J1、通算13位、2017年=J1、6位、2018年=J1、16位(入れ替え戦に勝利し残留)。

在任した5シーズンの成績は上記の通り。そして6シーズン目の今季は前節(17節)、ついに最下位に転落。そのタイミングで監督を辞任することになった。

(残り 2006文字/全文: 2488文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック