【サッカーパック人気5位】 【代表うぉっち】田中碧2発、中山雄太のスーパーショットでU-22代表が…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

日本サッカーに依然として蔓延る真ん中好きのパスワーク

先日、埼玉スタジアムでバルセロナと対戦したチェルシー。試合には勝利を収めたが、かつてに比べ顔ぶれが地味になった印象だ。チャンピオンズリーグ(CL)優勝は、バルセロナには期待できてもチェルシーにはできそうもない。

しかしそうした指摘は、CLに毎シーズン、ほんのわずかな人数しか送り込めていない日本人には分不相応と突っ込まれれば、黙るしかなくなる。

その数日前、川崎フロンターレと対戦した一戦も、結果こそ1-0で川崎の勝利に終わったが、内容はチェルシーに大きく劣った。

考えさせられる試合とはこのことだった。終了間際にレアンドロ・ダミアンのヘディングで勝利を収めると「さすが川崎、押されていても結果を出すところが凄い」と持ち上げる声が湧いたが、これは身贔屓であり、結果至上主義であり、スタンダードから外れたサッカー的ではない見解だ。

川崎対チェルシーを見ながら、いくつかの試合が頭を過ぎった。直近では、その5日前に行われたJリーグ、FC東京対川崎だ。3-0で川崎が大勝した試合だが、それはチェルシー戦をひっくり返したような一戦だった。

この2つの試合に通底する、カギとなる要素を一言でいえば、ボールを奪われる場所になる。川崎戦のFC東京と、チェルシー戦の川崎は、どこでボールを奪われることが多かったか。ピッチの中央付近である。相手に危ない場面を作られた原因だ。チェルシー戦の川崎は、FC東京戦の勝因を把握せずに戦っていたという印象だ。

(残り 1874文字/全文: 2484文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック