【サッカーパック人気4位】 2019年Jリーグ第26節・セレッソ大阪戦【選手コメント】興梠慎三「シ…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

永木亮太に見るサイドバックと守備的MFの親和性

怪我で戦列を離れていた内田篤人が4ヶ月ぶりに復帰するという。

鹿島アントラーズの右サイドバック(SB)と言えば、一昨季(2017年シーズン)まで西大伍がスタメンを張っていた。Jリーグのベスト11にも選ばれる日本代表級の選手がいたにもかかわらず、鹿島は翌2018年、ドイツで長年プレーした内田篤人をチームに迎え入れ、西大伍と競わせた。

西大伍は交代出場を含めて23試合に出場。内田篤人の12試合を上回ったが、より多くの出場機会を求めて今季ヴィッセル神戸に移籍。鹿島の右SBは内田篤人がメインを張るはずだった。しかし、スタメンを飾ったのはシーズン当初のみ。3月末に行われた磐田戦(5節)の途中、ベンチに下がって以来、姿を見ることはなくなっていた。西大伍と内田篤人が争った昨シーズンとは一転、鹿島の右SBは人材不足に陥った。

それでも鹿島は今季、現在まで3位につけている。アジアチャンピオンズリーグでもベスト8に進出。いずれも虎視眈々と優勝を狙う態勢にある。

西大伍だけではない。金崎夢生もサガン鳥栖へ移籍。昌子源、植田直通、安西幸輝、安部裕葵、鈴木優磨も海外へ羽ばたいて行った。

なぜそれでも鹿島は強いのか。高いレベルを維持しているのか。その大きな要素として見逃せないのが、内田篤人に代わって右SBを任された永木亮太の存在だ。

(残り 1908文字/全文: 2464文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック