【サッカー人気5位】【ニュース】Jリーグ、45クラブ(20…

サッカー番長 杉山茂樹が行く

ヴィッセル神戸。順位は回復したけれど、「バルサ化」はどこへ行った?

最近5試合で4勝。今週末に行われた直近の試合でもJリーグ3連覇を狙う川崎フロンターレに快勝した。15節にトルステン・フィンクを監督に迎えた神戸。一時は、降格圏近くを彷徨っていたが、気がつけばジワジワと順位を上げ、9位にまで回復してきている。降格の心配はほぼなくなった。めでたしめでたしと言いたいところだが、あえて一言いわせてもらいたいことがある。

バルサ化はどこへ行ってしまったのか。その旗はすでに降ろしたのか。フィンク監督が実践しているサッカーにバルセロナの匂いはするかと言えばノーだ。アンドレス・イニエスタはいる。ダビド・ビジャも頑張っている。セルジ・サンペールも元バルサ。カンテラ出身だ。バルサ経験者は確かに存在する。ボール支配率においても川崎に対して54対46の関係で勝っていた。そうした意味では川崎よりバルサ的だったと言えるのかもしれない。しかし、それはあくまでも昨季より弱体化した川崎との比較に過ぎない。神戸そのもののバルサ度は、フアン・マヌエル・リージョが監督の座に就いていたシーズン当初の方が遙かに高かった。

違いがハッキリと見て取れるのは布陣だ。4-3-3や4-2-3-1を中心に戦っていたそれまでからフィンク監督が布陣を大きくいじったのは22節の大分戦(8月10日)だった。

その時、神戸は相変わらず低迷していた。フィンクが監督に就任しても流れを変えられずにいた。順位は15位。J2降格プレーオフを戦うことになる16位は直ぐ後ろに迫っていた。そのタイミングで布陣を3-3-2-2に変更した。

(残り 1715文字/全文: 2367文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック